紙袋 製造業者 徹底比較

top > 紙袋について > 紙袋業者の決定方法と注意すべき点

紙袋業者の決定方法と注意すべき点

 紙袋の作成と言いましても、紙の材料あるいは寸法さらに取っ手の部分やデザイン性など、多種多様な種類が見受けられます。
 アパレルショップの袋それから、ブライダルの引き出物のための袋といったシチュエーションにフィットしたものから、ワインボトルを入れ込む紙袋などの小粒なものから、家庭用電化製品といった非常に大きな販売品を入れ込む袋などの使途に見合ったものなど、様々な種類が見られます。
 紙袋の制作専門業者の選び方 を考察する上で、まず第一にどの様な紙袋を作製するのかを選ばないといけません。そして、目的が明確化したら、具体的な紙袋業者の選定になります。


 大きさと枚数が確定したら、おおよその単価を設けましょう。ほとんどすべての紙袋業者が、今までの制作ケースを紹介していることから、希望のものに近いものがある仕様を選びましょう。
 デザインのためのソフトウェアを利用できる人がいない場合、ロゴデータのセッティングをフリーでしてくれる業者を選ぶと良いでしょう。
 業者によって、ロゴだけでなくデザイン性まで請けているケースもあります。その時は加算費用が要りますが、デザイン事務所に比べるとデザイン費はリーズナブルに規定されています。  
 注意点として、デザイン性ありきであますところなく行なうと高額になることがあります。デザイン性は並行して進行しないで、優先して製品の単価及び枚数を決定します。


 一口に紙袋業者と言ったところで、管理運営母体は多種多様です。印刷か包装資材業者かで、セールスポイントが異なってきます。
 その中にはオーダーのみ取りまとめて、製造に関しては丸ごとアウトソーシングというケースも見受けられます。
 自社制作が一番低プライスといえます。どのあたりで製作しているのか明示しているケースもありますが、何一つ記していない場合も見受けられます。
 納期そのものが非常に長いところは外国製である可能性もあります。ほとんどすべての紙袋はハンドオペレーションで作成されます。職人の質は日本国内のほうが高くなります。
 オーダーサイトでは、まず第一に単価及び納期を確認しましょう。オーダー品が理由で、価格ははっきりわからない場合が多いです。
 概ね自分自身が制作したい仕様がどういったものかまとめて、よく似た事例を見い出しましょう。さらに、管理運営母体がどのようなところか、国内生産か否かを見て決定しましょう。そうすることによって、スムーズに進行します。

次の記事へ